検索結果

カテゴリで探す

キーワードで探す

〒467-0068
名古屋市瑞穂区内方町1-4
TEL:052-841-6365
FAX:052-853-1506
営業時間:平日 9:00〜17:00

hyper-QU研修会のお知らせ

www.meikyousho.com/cgi-bin/news/page.cgi#t2014-08-18

詳細は上記のアドレスの【QU研修会案内(PDFファイル)】をご覧下さい。

 

 昨年、秋に名古屋市の小学校・中学校・市立高校で「よりよい学校生活と友達づくりのためのアンケート」hyper-QUが実施されました。平成26年度も継続して実施されます。

以前から弊社では「Q-U」の結果を学級経営に生かすために、先生向けに研修会(第1回〜4回)を開催しており、昨年12月に開催した第4回Q-U研修会では定員を大幅に超え、大盛況に終わりました。

この研修会は東海地区の多くの学校で講演されている杉村秀充先生を講師に迎え、基本的なQ-Uの見方や対応のポイントを事例を通して学んできました。

平成26年度は年間を通して基礎から事例検討会まで幅広く研修会を開催します。

参加を希望の先生はお早めにお申し込み下さい。(各研修会、定員になり次第、締め切ります。)

第8回〜第11回 事例検討会

販売中 第8回〜第11回 事例検討会

*第8回 hyper-QU事例検討会(1)
     平成26年9月28日(日)10:00〜16:00(定員15名)

*第9回 hyper-QU事例検討会(2)
     平成26年11月9日(日)10:00〜16:00(定員15名)

*第10回 hyper-QU事例検討会(3)
     平成26年12月21日(日)10:00〜16:00(定員15名)

*第11回 hyper-QU事例検討会(4)
     平成27年2月8日(日) 10:00〜16:00(定員15名)


内容:「K13法」という問題解決方法を用いて、学級経営の問題を参加していただいた先生と講師の杉村先生で、事例の学級のミスマッチがどこに起こっているのかを明らかにし、それをマッチさせる方向で今後の具体的な対応策を検討していきます。
この方法により、事例検討が担任教師の指導力批判になることを防ぎ、教師どうしのディスカッションを建設的なものにすることができます。
(K13法とは河村茂雄先生が開発した13ステップでの集団討議法です。)

※ 少人数で、講師の先生と事例検討ができる数少ない研修会です。

◆K13法による事例検討を下記の流れに沿って実際に行います。
@役割分担 (司会、まとめ、整理、記録、発表、発表補助) 6人組の班
A担任の発表を聞いて質疑応答ののち、ブレーンストーミング&KJ法でアセスメントをする。
B各グループのアセスメント結果を発表係りが全体に発表する。
C次に全体のアセスメントを聞いたうえで、今後1か月間に担任が取り組んだほうがいいと
思う対応策を各グループで考えまとめる。
D各グループで考えた担任ができそうな対応策を発表係りが全体に発表する。
E担任は決意表明をする。→ 全員で担任に拍手をする。

会場:名教書 3階 (地下鉄桜通線「瑞穂運動場西駅」近く、詳しくは最終ページをご参照下さい。)
対象:小・中・高等学校の教職員・教育関係者
定員:各15名(定員になり次第、締め切ります。お申し込みは各検討会それぞれお申込み下さい。)
受講料:各1,000円(受講料は当日お支払下さい。)
持ち物:自校の1学級の「hyper-QU」あるいはQUの結果(任意)当日サンプルデータあります。
※お持ちいただくデータの管理には十分に気をつけてください。


申込方法
申込書にご記入の上、郵便またはFAXで下記宛にお送り下さい。お電話でも受け付けております。
当日のキャンセルはお手数でもご連絡いただけると助かります。

【申込先】 (株)名教書 〒467-0068 名古屋市瑞穂区内方町1−4名教書ビル2階Q-U研修会係
       TEL(052)841−6365  FAX(052)853−15

詳細&申し込み書は上記アドレスをクリックして下さい。